にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ


本館です
旅行や日々の出来事など、、、
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
あじさい
 紫陽花の季節です。というか終わりに近いのでのでしょうか。
iPhoneで撮った紫陽花です。
appleのパソコンではないのでアップするのがめんどうで
少し小さくしかできませんでした。




日々の出来事 comments(0) trackbacks(0)
もう桜も散り始めてしまった。
一週間前に高田馬場の公園で撮った桜です。








なぜか写真の大きさが違ってしまった。原画は同じ大きい方のサイズなのに。





 






ポチッとよろしく→ にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

日々の出来事 comments(0) trackbacks(0)
船上の眺め
また古い話です。
2005年10月のはじめ蘇州とその南・約20kmの同里に行って来ました。
今回は船上からの眺めなど、少し蘇州・同里の水郷風景を
紹介してみましょう。舟の上からの眺めは視界も変化して
静かな揺れもあって、なかなかいいものです。



水郷を巡る小舟。
私たちが乗ったのは下のような、もう少し大きい舟でした。
























ポチッとよろしく→ にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

蘇州 comments(0) trackbacks(0)
蜀の都・成都
 「三国志」の劉備玄徳を中心とする蜀漢の都が置かれた成都。
天府の国として知られる物産豊かなところ。ピリッと辛い四川料理が
生み出され、錦織りの蜀錦や竹細工などが有名です。

武候祠、杜甫草堂、都江堰(とこうえん)、二王廟、望江楼公園など
名所も多い。今回は竹がきれいだった杜甫草堂、望江楼公園と
街中の様子を紹介します。


まず杜甫草堂。唐の詩人・杜甫の旧居は市の西の郊外、浣花渓のほとりにあります。
杜甫は一生、仕官の思いを抱きながら、受け入れられず旅に明け暮れた詩人。
48歳のとき、ここに移り住み、友人の推薦で検校工部外郎という職に就きました。
旧友と酒を酌み詩を吟ずる日々を送りました。しかしこの暮らしも長くは続かず、
再び放浪の旅に出て、59歳で没しました。

草堂は竹をみごとに取り入れ幻想的な風景でした。

杜甫草堂の側で朝、干し葡萄を売っていた。
干し葡萄といえば産地はかなり遠いはず。何百キロ、何千キロも運んできたのだろうか。

成都に行ったのは1995年の11月。その頃の街の様子を紹介しよう。

最後は望江楼公園。ここは唐の女流詩人ゆかりの公園。清朝初期に造られ、
園内には高さ30mの望江楼などがある。130種類に及ぶ竹も公園の名物。

望江楼公園の茶館で







ポチッとよろしく→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

成都 comments(0) trackbacks(0)
<< | 2/5 | >>